意外と知られていない自動車保険の中断

HOME » 自動車保険比較 » 意外と知られていない自動車保険の中断

意外と知られていない自動車保険の中断

車をお持ちの方の中には、「車を手放すことになった」という人もいるでしょう。
仕事などで、地方に転勤になった人の中には、「車を持って行くのは大変だから、今は車を手放そう」と考える人もいます。

一時的にお金が必要となり、車を手放す人もいるでしょう。車を手放そうと考えた時、多くの人は同時に自動車保険も解約しようと考えます。

しかし、「また、車を持つかもしれない」「数年後には、また車を購入する」と考えているのであれば、解約ではなく、中断がおすすめです。

中断手続きを行っている場合は等級を引き継げる

自動車保険は、あくまでも車がある人が必要となる保険ですから、車を手放す際には解約を考えるでしょう。しかし、自動車保険には中断という方法があります。

いずれ、また車を持つと考えているのであれば、解約ではなく中断した方が断然お得です。「しばらく車に乗らないのだから、解約した方が良いだろう」と思われる人も多いと思いますが、自動車保険の保険料は、等級によって変わってきます。

事故を起こさなかった人は、かなり等級が上がっているでしょう。しかし、一度解約してしまえば、この等級も全てなくなってしまいます。

ということは、数年後にまた自動車保険に加入する際には、また6等級からスタートすることになり、保険料は高くなってしまいます。

中断手続きを行っている場合には、今の等級を引き継ぐことが出来、保険料を抑えることが出来ます。

ただし、この中断というのはいつまでも効力があるわけではありません。
中断手続きを行ってから、10年というのが維持期間となりますから、次の車購入が10年以降となってしまえば、中断手続きを行っていても6等級からのスタートとなります。

中断手続き方法

「中断手続きは、どうすれば良いの?」と思われる人もいると思いますが、加入している自動車保険会社に連絡をし、「中断手続きをお願いします」と伝えれば、手続きを行ってくれます。
手続き後は、中断証明書が発行されますから、これを保管しておきましょう。

中断手続きを行う際には、車を廃車する際に証明書や譲渡を証明する書類などが必要となります。

これらの手続き内容は、それぞれの保険会社のホームページなどでも確認することが出来ますので、車を手放す前に確認しておきましょう。

車を手放そうと考えている人の中には、「また、車を購入することがあるかもしれない」という人もいます。

そんな人は、今の等級を流してしまうのは勿体ないですから、ぜひ中断手続きを行っておきましょう。

「また、車を購入するか分からない」という人も、可能性があるのであれば手続きをしておいて損はないでしょう。